メニューをとばしてメインの本文へ

高野山 霊宝館(れいほうかん)

メインの本文はここからです

トップページ > 展覧会について > 特別展・企画展 > 令和2年度夏期企画展「如来 -NYORAI-」

展覧会について

特別展・企画展

令和2年度夏期企画展「如来 −NYORAI−」
The 2020 Summer Exhibition「‐Nyorai‐」
期間:令和2年7月11日(土曜日)〜9月27日(日曜日)

前 期:令和2年7月11日(土曜日)〜8月23日(日曜日)
後 期:令和2年8月25日(火曜日)〜9月27日(日曜日)
※会期中無休
※期間中、一部展示替を行います。

「如来」とは、「悟った者」という意味で、仏の最高位にあたることから、古来より様々な人々の信仰を集めてきました。曼荼羅の中心に位置する大日如来、極楽浄土に導く阿弥陀如来、無病息災をかなえる薬師如来などがよく知られ、高野山では、主にお寺の本尊として祀られています。高野山霊宝館では、こうした様々な如来像、また如来に関わる文化財が数多く伝わっています。
 今回の展覧会では、当館に所蔵されているこれらの中から、珠玉の文化財を展示いたします。

The term Nyorai means the being that attained spiritual enlightenment in Buddhism. Since Nyorai is ranked at the supreme class in the hierarchy of Buddha’s world, Nyorai has been attracting pious people from ancient time. Dainichi Nyorai, who is placed in the center of Mandara, Amida Nyorai, who leads people to the Pure Land, and Yakushi Nyorai, who cures diseases and gives good health, are the representatives. Those deities are often enshrined as the main images of the temples. In the history, various works of Buddhist art, which captures high virtue of Nyorai, have been created. The exhibition showcases such precious works for all the quests.

Koyasan Reihokan Museum


【主な出陳品】
国 宝 仏涅槃図 金剛峯寺 [後期]
重 文 阿弥陀如来坐像 地蔵院
重 文 阿弥陀如来及両脇侍立像 五坊寂静院
重 文 阿閦如来立像 親王院
重 文 紙胎花蝶蒔絵念珠箱 附 念珠 金剛峯寺 [後期]
国宝2件5点 重文23件34点 未指定36件含む合計約90点を展示
※前後期で、一部展示替を行います

展示
上:国宝 仏涅槃図 金剛峯寺 [後期]
展示
左:重文 阿閦如来立像 親王院 / 右:重文 阿弥陀如来及両脇侍立像 五坊寂静院

PDFアイコン画像令和2年度夏期企画展「如来 -NYORAI-」チラシをダウンロード
   (PDFファイル 約368KB)

PDFファイルをダウンロードするにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
以下のページより、無料でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader Adobe Acrobat Readerダウンロードページ

 このページのトップに戻る

トップページ > 展覧会について > 特別展・企画展 > 令和2年度夏期企画展「如来 -NYORAI-」

このページは以上です。