メニューをとばしてメインの本文へ

高野山 霊宝館(れいほうかん)

メインの本文はここからです

トップページ > 展覧会について > 特別展・企画展 > 第39回大宝蔵展「高野山の名宝」

展覧会について

特別展・企画展

第39回大宝蔵展「高野山の名宝 “もののふ”と高野山」
期間:平成30年7月14日(土曜日)〜10月8日(月曜日・祝日)

前 期:平成30年7月14日(土曜日)〜9月2日(日曜日)
後 期:平成30年9月4日(火曜日)〜10月8日(月曜日・祝日)

武士の読み方の一つに「もののふ」があります。武士の歴史は、古くは平安時代から始まり、江戸時代まで続いていますが、武士と聞くと多くの方は戦国時代をイメージされると思います。戦国時代には多くの戦国武将が全国各地で戦を行っていました。その戦国武将と高野山内の各寺院とは師檀契約というものを結び、深い関係がありました。そのため、高野山には全国各地の戦国武将の供養塔があり、ゆかりのある文化財が数多く伝わっています。

今回の展覧会では、高野山に伝わる戦国大名をはじめとする「もののふ」のゆかりの品を国宝、重要文化財を中心に展示します。


武田信玄像
国宝 五大力菩薩像(金剛吼) 有志八幡講 前期

武田信玄像
重文 武田信玄像 成慶院 前期

浅井長政夫人像
重文 浅井長政夫人像(お市の方) 持明院 通期

PDFアイコン画像第39回大宝蔵展「高野山の名宝」チラシをダウンロード
   (PDFファイル 約1.7MB)

PDFファイルをダウンロードするにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
以下のページより、無料でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader Adobe Acrobat Readerダウンロードページ

 このページのトップに戻る

トップページ > 展覧会について > 特別展・企画展 > 第39回大宝蔵展「高野山の名宝」

このページは以上です。