メニューをとばしてメインの本文へ

高野山 霊宝館(れいほうかん)

メインの本文はここからです

トップページ > 展覧会について > 平常展示のご案内

展覧会について

平常展示のご案内

平成29年度冬期平常展「密教の美術〜霊宝館収蔵宝物お蔵出し!〜」
期間:平成29年12月9日(土曜日)〜平成30年4月8日(日曜日)
(12/28〜1/4休館)

前期:平成29年12月9日(土曜日)〜平成30年2月12日(月曜・振替休)
後期:平成30年2月14日(水曜日)〜4月8日(日曜日)
※期間中、一部展示替を行います。

高野山霊宝館は指定品約2万8千点、未指定品約5万点という膨大な収蔵品を有しています。その中には展示の機会が少なく、普段滅多にお目にかけることのない宝物もたくさんあります。本展ではそんなレア収蔵品の中から絵図・工芸品・近代絵画などを中心に、名品・珍品の数々を展示いたします。

まだまだほんの一部ですが、高野山に伝わるさまざまな文化財を通して、また違った視点で高野山の歴史に触れて頂けましたら幸いです。

  • 【主な出陳品】
  • 国 宝  細字金光明最勝王経 竜光院
  • 国 宝  不空羂索神変真言経 三宝院〔後期〕
  • 重 文  註仁王般若経巻第一 竜光院〔前期〕
  • 県指定  高野版木製活字   西禅院
  • 未指定  御宮并興山寺総絵図 橘保春筆 金剛峯寺
  • 未指定  石楠花図 丸山晩霞筆 霊宝館
  • 未指定  樹下羅漢像 原在中筆 金剛峯寺〔後期〕
  • 未指定  能面・狂言面(五面) 金剛峯寺 ※初出陳
  • 未指定  釣灯籠(三基)    金剛峯寺 ※初出陳
  • 同時開催:常設展

展示品写真
左図:経文阿弥陀像(部分) 中村嘉兵衛筆 金剛峯寺 (後期) / 右図:水晶玉木彫台御棚飾 金剛峯寺
展示品写真
左図:樹下羅漢像 原在中筆 金剛峯寺 (後期) / 右図:弘法大師像 高屋肖哲筆 金剛峯寺 (前期)
展示品写真
左:釣灯籠 慶長三年銘 金剛峯寺 / 右:狂言面 見徳〔賢徳〕 金剛峯寺 (どちらも通期展示)



 このページのトップに戻る

トップページ > 展覧会について > 平常展示のご案内

このページは以上です。